合宿免許で免許を取るメリット

自動車の免許を取得する方法として、合宿免許があります。


約二週間ほどの合宿を遠隔地などで行い、一気に学科と実地の勉強をしてしまうというもので、通いの教習所で取得するよりも安く短期間で取得できるのが大きなメリットです。
大学生や高校生が夏休みや春休みを利用して合宿免許に参加したり、転職前に免許を取得したい社会人が参加するというケースが多いようです。

合宿免許が行われるのは、温泉地や観光地が近くにある場所が選ばれることが多いようです。東京に住んでいる人がわざわざ北海道などの自然が多いところの合宿地に行き、旅行気分も味わおうという場合も少なくないようです。



友人同士で申し込めればなお楽しいでしょう。

また、一人参加であったとしても、二週間の間寝食を共にするわけで、自然と仲良くなるケースが多いようです。



一方、デメリットとしては、二週間で一気に学習するためなかなか忙しいこと。
合宿に参加するためにまとまった休みが必要であること。



定職を持っている人はなかなか参加することはできません。

もし途中で、やはり免許を取るのはやめようと思ったり、休みが欲しくなっても、そう簡単には休むわけにいかないこともデメリットと言えるでしょう。

しかし逆に言えば、最初から絶対に免許を取ろうという強い決意があれば、安くあっという間に免許を取得できるということです。


まとまった休みがとれ、一気に取得するという決意がある人には、合宿免許がオススメです。


Copyright (C) 2016 合宿免許で免許を取るメリット All Rights Reserved.